新着情報

NEWS

冬の準備はオッケーですか?

よっしゃ! まだまだ暖かいなのに夏は終わりました!
 
私はよりも冬が大好きです

僕の冬の基本的なルールは2つです

1-暖かく保ちます
2-風邪避けます
 
一番の問題は答えやすい: 暖かいの服で収まりますよ。
二番めの問題はどうでしょうか?
 
あらら~、ノーアンサー?
オッケー、ノープロブレム!
私の秘密を教えます。
 
わたくしのイタリアの地元パドヴァでは、いくつかの素晴らしい伝統を持っています
そのうちの一つは、グラッパを飲むことです。
グラッパのアルコール度数は30から60度です。
※グラッパのポイント(私のおじいちゃんは教え)は喉の消毒でございます。
Grappa bottles
↑ グラッパ ボトル (ストリカ ネラ はおいしかったよ~)
 

ところで、この1951年の新聞紙の広告を見てください:

アペロール(1919年にパドヴァで発明食前酒)はインフルエンザに対して非常に有効です
 
influenza-aperol 
これって。。。セールスマンのトークかな~。
イタリアの面白い広告なので子供たちでもオッケ―(!!!)と書いてあります。
びっくり!!!
 

はやく!グラッパのボトルを取ってと少し飲みましょう!

あなたは風邪をひきたいですか?!?

P.S.
: 運転する前にアルコールを飲む あらっ 「消毒」 をしないでください。
 

 US-UK Flags

I personally do prefer winter much more than summer, especially to the hot and humid Japanese summer.

Following are my two basic rules for the winter season:
1- keep warm.
2-avoid to catch a cold.

No big problems about point 1, right? Thick clothes will keep you warm, but how about point 2?

Let me reveal you my secret.

In my native city of Padua and all around the Veneto Region we have some good traditions, and one of them is to drink a shot of grappa (a 45% alcoholic spirit) after dinner as digestive and, as my grandpa used to say, “to disinfect the throat”(!!!).
bonollo grappa d amarone

↑ A bottle of “Grappa di Amarone” (sooooo nice!)

Even Aperol, an aperitif invented in my beloved Padua in 1919, is very effective against flu as you can read from this 1951 Italian newspaper advertisement:

influenza-aperol

…sales talk maybe? By the way, quite a funny advertisement.

So, what are you waiting for?!?
Presto! Take the bottle and pour some grappa!  …do you wanna catch a cold?

P.S.: Please remember NOT to DRINK oops ‘disinfect’ before driving!

P.S.Ⅱ: Aperol spiz recipe (a simple and fresh aperitif before entertaining your friends for dinner):

Aperol Spriz 

   3 parts of Prosecco (or a good dry sparkling white wine)

   2 parts of Aperol

   1 part of soda

   add ice and a slice of orange or a peel of lemon, stir and enjoy!