枻の家について

FEATURE

特徴(設計×施工)/設計工房 枻

設計における特徴

設計における特徴

自然とつながる家づくり、四季が息づく心地よさ。

日本には四季があります。だからこそこんなにも繊細で優美な国なのだと思っております。少し大げさになるかもしれませんが、現在の技術・工法を使えば一年中同じ環境の中で生活することも可能でしょう。

「春の訪れを風で感じ」「夏の暑さに汗を流し」「秋の夕暮の憂いに浸り」「冬の厳しさに暖を囲む」。

「枻の家」は、そんな巡りゆく四季を感じ、自然と調和する家を目指しながら、ご家族にとって本当にベストなものは何か?を追求します。

例えば、室内に凛と浮かびあがる、窓先の木々の緑。
刻々と優しく降り注ぐ太陽の光と陰影…。

時間や季節で深度を変える自然の表情は、とても豊かで心地よいもの。時に暮らしに安らぎをもたらし、すっと背筋を伸ばしてくれます。慌ただしく過ぎる現代こそ、自然美は暮らしに潤いを与え、何気ない日常を心からくつろげる贅沢なひと時にしてくれます。もちろん、私たちの家づくりの主軸は、お施主様のご意向やご要望をカタチにすること。押し付けるのではなく、しっかりと寄り添いながらご提案いたします。

施工における特徴

施工における特徴

確かな実績・信頼でつながる枻ファミリー一丸となった家づくり。

枻の大きな強み。それは「設計事務所」であり「工務店」でもあることです。
「設計事務所」の最大の特徴は、自由度の高い設計を得意とすること。施主様の意向やライフスタイルを踏まえ、意匠や品質にこだわりながら二人三脚で理想の家を追求。工事現場の監理も行います。
一方、「工務店」は、設計ではなく施工が主業務であり、住宅を建てる保証元になります。
信頼にたる知識・経験豊かな職人さんに依頼できる安心感は格別であり、彼らの技術力が家の品質や価値を高めてくれます。

ところが、家づくりの現場の多くは、設計と施工が「別業者=外注」です。
いくら設計が優れていても、施工を担う工務店と連携がとれていなければ、納得のいく家づくりは叶いません。
その逆もしかりです。

例えるならば、家づくりにおける「設計」は「ソフトウエア」であり、「施工」は「ハードウエア」と言えます。
枻はソフト面からハード面まで一貫して家づくりを行う会社です。
つまり、施主様の意向を踏まえた設計を得意としながら、現場に携わるさまざまな業種の職人さん全員が一つのチームをなし、「枻の家」が輝くよう常に考えながら施工を行うことができます。
時には職人さんからの提案を柔軟に取り入れ、最善を模索することもあります。
「枻の家」のコンセプトや想いを共有する建築士と職人さん、両方がそろっているからこそ、心が高揚するような唯一無二の家が完成するのです。

足の裏や指先、目や肌が感じ取る「本物の素材」への追求。

「枻」が提案する家は、私たち自身が納得し、選び抜いた本物の素材を惜しみなく使います。
肌に吸い付くような天然木の質感、部屋をシックに引き締める鉄やコンクリートの表情、デザイン性に優れた温かみのあるタイル…。使う場所、使う用途、さまざまなケースに応じて、コストバランスを最適に保ちながら、施工を行います。
足を踏み入れた瞬間から、何とも言えない安らぎや懐かしさ、居心地の良さに包まれる「枻の家」。
本物の素材を随所に取り入れるので、10年、20年と時を経るごとに表情も味わい深くなります。

設計・デザインと同様に、工法も含めてお施主様が求めていること、お施主様の満足を、コストバランスや経年変化も加味し、提案・カタチにする。それが「枻の家」なのです。