住宅性能&保証

PERFORMANCE & SUPPORT

枻が取り組む住宅性能について

枻の家は、標準で「長期優良住宅」です。それは枻が、現在の日本の住宅が抱える問題点を真剣に考えているからです。日本では、取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、イギリスの約77年、アメリカの約55年に比べると短くなっています。

枻が取り組む住宅性能について

投資した資本・資源が長持ちせず、早々に解体・除去されゴミになったのでは、経済的観点からみても地球環境の観点からも、持続可能な社会は実現できません。

原因の一つに、住宅ローンを返済し終えたときには、住宅の資産評価がゼロになってしまっていると言われる現状があります。

枻が取り組む住宅性能について

世代を超えて利用し続けることができ、住宅が本来もつ価値に見合った評価が適切に行われるようになれば、その住宅を将来的に売ったり貸したりすることなども、容易に考えられるようになって行きます。将来的に資産として活用されることを前提とし、建設から維持管理段階までを見据えた長期的な視点に立った家づくりが必要です。

だから枻の家は、標準で「長期優良住宅」なのです。その基準となる性能項目は以下の通りです。

  • 構造躯体等の劣化対策

    数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できるようにする。通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置をとる。

  • 耐震性

    極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図る。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

  • 維持管理・更新の容易性

    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置を講じる。

  • 省エネルギー対策

    必要な断熱性能等の省エネルギー性能を確保する。省エネ法に規定する平成25年省エネルギー基準に適合させる。

  • 居住環境

    良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮する。

  • 住戸面積

    良好な居住水準を確保するために必要な規模を有するものとする。

  • 維持保全計画

    建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画を策定する。

  • 住宅履歴情報の整備

    長期優良住宅に認定された住宅は、その建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを必ず保存する。

枻の家の保証について

枻の家は、次の各保証に守られています。いつまでも住み心地の良い住宅であるために、お施主様が求める保証を提案いたします。

  • 完成保証(任意)

    住宅の建築中に、住宅事業者の倒産などによって工事ができない状態になってしまった場合に、公的機関がそれを保証してくれるシステムです。

    住宅あんしん保証「住宅完成保証制度
    http://www.j-anshin.co.jp/service/kanseihosho/kanseihosho_01.php

  • 地盤保証(標準)

    地盤のトラブルによって住宅に損害が発生した場合に、建物や地盤の修復費用などを保証する制度です。

    ジャパンホームシールド「地盤サポートシステム
    https://www.j-shield.co.jp/solution/groundsys/index.htm

  • 住宅瑕疵担保保証(必須)

    新築住宅に瑕疵(欠陥)があった場合に、補修等を行った事業者に保険金が支払われる制度です。

    住宅あんしん保証「あんしん住宅瑕疵保険」
    http://www.j-anshin.co.jp/service/kashihoken/kashihoken_01.php

  • リフォーム瑕疵保証(任意)

    リフォーム工事に瑕疵(欠陥)があった場合に、補修等を行った事業者に保険金が支払われる制度です。

    住宅あんしん保証「あんしん住宅瑕疵保険」
    http://www.j-anshin.co.jp/service/reform/reform_02.php