マイホームは、多くの人にとって人生の中でも大きな夢の一つです。
しかし、いざマイホーム購入を検討しようとすると、「注文住宅」と「建売住宅」のどちらを選ぶべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

家づくりは、人生の中でも大きな買い物です。
妥協して後悔するよりも、時間をかけてでも理想のマイホームを実現したいものです。

このコラムでは、注文住宅のメリットとデメリットを詳しく解説します。

注文住宅とは?

注文住宅は、建売住宅とは異なり、土地と建物を一括購入するのではなく、土地を所有している場合、または新しく土地を購入した場合に、自分の希望に合わせて設計・施工する一戸建て住宅のことです。

注文住宅には、大きく分けて「フルオーダー」と「セミオーダー」の2つの種類があります。

フルオーダー住宅とは?

フルオーダー住宅とは、使用する木材、断熱材、窓の種類といった仕様から、間取りや外観、設備に至るまで、住宅の全てを自由に設計できる注文住宅の形態です。

建売住宅やセミオーダー住宅とは異なり、自分だけの理想の住まいを具現化することが可能で、その自由度の高さが最大の魅力と言えます。

セミオーダー住宅とは?

セミオーダー住宅とは、ハウスメーカーや工務店が用意した基本的なプランをベースに、間取りや外観、設備などをある程度自由に選択できる住宅のことをいいます。

フルオーダー住宅に比べると自由度は低くなりますが、費用を抑えながら、ある程度の希望を反映した家づくりが可能です。

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と建物をセットで販売する住宅のことです。
すでに完成している、もしくは建築中の物件を購入することになります。

注文住宅のメリット

注文住宅は、建売住宅とは異なり、自分の希望やこだわりを反映して自由に家を建てることができます。
しかし、自由度が高い分、選択肢が多くて迷ってしまうことも多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅のメリットについて詳しく解説していきます。

自分たちの理想を叶える自由度の高さ

注文住宅の最大の魅力は、自分たちの理想を叶えられる自由度の高さです。
建売住宅では、間取りや外観、設備などがあらかじめ決められているため、希望に合わない部分も妥協しなければなりません。
しかし、注文住宅であれば、そういった妥協をする必要はありません。

例えば、

  • 広々としたリビングで家族みんなでくつろぎたい
  • 開放感のある吹き抜けが欲しい
  • ペットと一緒に暮らせる空間を作りたい
  • こだわりのキッチンで料理を楽しみたい

など、どんな希望でも実現することができます。

デザインや建築仕様でも個性を表現できる

注文住宅では、デザインや建築仕様も自由に選ぶことができます。
外観のデザインはもちろん、内装の素材や色、設備の種類まで、自分たちの好みや個性を表現することができます。

例えば、

  • 北欧風のシンプルなデザイン
  • 和モダンを取り入れた落ち着いた雰囲気
  • アンティーク調の家具で統一
  • 最新の設備を取り入れて快適な暮らし

など、可能性は無限大です。

ライフスタイルに合わせたオリジナルの間取り

注文住宅では、家族構成やライフスタイルに合わせたオリジナルの間取りを作ることができます。

例えば、

  • 小さなお子様がいるファミリーであれば、安全に遊べるスペースや、将来の成長に合わせて部屋を拡張できるような間取り
  • 二世帯住宅であれば、プライバシーを守りつつも交流できるような間取り
  • ペットと暮らす場合は、ペット用のトイレやゲージスペース

など、それぞれのニーズに合わせた間取りを作ることができます。

現実的な予算で夢を叶えられる

注文住宅は高額なイメージがありますが、必ずしもそうではありません。
予算に合わせて、プランニングや設計を行うことで、現実的な予算で夢のマイホームを叶えることができます。

例えば、

  • 坪単価を抑えるために、シンプルなデザインにする
  • 必要な設備を厳選する

など、さまざまな方法があります。

土地選びから始めることが可能

注文住宅であれば、土地選びから始めることも可能です。
自分の希望に合った立地や広さの土地を見つけることで、より理想的なマイホームを実現することができます。

完成までの現場や過程を確認できる

注文住宅では、建築現場を見学したり、工程を確認したりすることができます。
そのため、安心して家づくりを進めることができます。

将来の増築などの変化に柔軟に対応

注文住宅は、将来の増築やリフォームなどの変化に柔軟に対応できる設計が可能です。
家族構成の変化やライフスタイルの変化に合わせて、家を拡張したり、改修したりすることができます。

注文住宅のデメリット

注文住宅は、自由度の高い家づくりができる一方で、建売住宅に比べてデメリットも存在します。
ここでは、注文住宅の主なデメリットについて解説し、それぞれの対策についても紹介します。

入居までに時間がかかってしまう

注文住宅は、土地探しから始まり、設計、建築、検査など、さまざまな工程を経るため、入居までに時間がかかります。
建売住宅であれば、数ヶ月で入居できる場合が多いですが、注文住宅では、完成までに1年~1年半程度かかることもあります。

完成した家の仕上がりを想像するのが難しい

注文住宅は、図面や模型を見ながらイメージを膨らませていく必要がありますが、実際に完成してみないと、実際の広さや質感、使い勝手など、具体的なイメージが難しい場合があります。

こだわりすぎるとコストが高くなってしまう

注文住宅は自由度が高い分、コストも高くなることがあります。
こだわりを形にしたい部分には予算をかける一方で、こだわりの少ない部分についてはグレードを下げてコストダウンをすることも可能です。
予算をオーバーしないよう、こだわりの優先順位を決めて計画することがポイントです。

注文住宅が向いている

注文住宅が向いているかどうかは、ライフスタイルや考え方によって異なります。
ここでは、注文住宅が向いている人の特徴をいくつか紹介します。

理想のマイホームを明確にイメージしている方

時間やコストを度外視し、理想の住まいを追求したい方にとって、注文住宅は最適な選択です。
自由度の高い設計で、外観や間取り、設備など、細部までこだわり抜いた家づくりを実現できます。

家づくりを楽しみ尽くせる方

注文住宅は、打ち合わせや情報収集など、多くの時間と労力がかかります。
しかし、その過程は、理想の住まいを形にしていく喜びとワクワク感に満ち溢れています。
家づくりそのものを楽しみ、積極的に参加できる方にとって、注文住宅は最高の経験となるでしょう。

理想が叶わない建売住宅に不満を感じている方

建売住宅は、選択肢が限られるため、理想の外観や間取り、設備を見つけるのは難しい場合があります。
注文住宅であれば、土地選びから始め、希望に沿った設計・施工が可能なので、妥協することなく理想のマイホームを実現できます。

土地が決まっている方

すでに土地を持っている場合は、その土地に合わせた注文住宅を検討することができます。
土地の形状や周辺環境を最大限に活かした、最適な住まいを実現できます。

積極的に情報収集し、意思決定できる方

注文住宅は、建売住宅に比べて、多くの選択を迫られるため、情報収集と意思決定が重要です。
積極的に情報収集を行い、納得できる選択を積み重ねることで、理想のマイホームに近づけることができます。

まとめ

注文住宅は、自由度の高い家づくりができる一方で、建売住宅に比べてデメリットも存在します。
しかし、時間と費用をかけて理想のマイホームを実現したい方にとっては、注文住宅は最適な選択肢と言えるでしょう。

家づくりは人生の中でも大きな買い物の一つです。
時間と労力をかけて、自分たちの理想を形にする注文住宅は、かけがえのないマイホームとなるでしょう。
ぜひ、この情報が、理想のマイホーム探しのお役に立てれば幸いです。

設計工房枻は、設計から施工まで一貫して行う「設計事務所×工務店」です。
土地探しや家づくりをご検討中の方は、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
ご相談、お問い合わせは下記バナーをクリック!

お家のことならなんでもご相談ください